第二屆水共生研討會水、人類、生物共存

#NEWS 
水と人と生き物の共生を 水共生学セミナー開催 第2回

水共生研討會於10月15日下午4點10分在石垣市民中心中廳舉行。

會場約有60人,以「以水、人類、生物共存的石垣島為目標」為主題,介紹了水共生項目,並由4人發表了主題。下午,進行了水共生項目的報告。舉辦了高中生的水共生未來情境研討會。

第一屆研討會於 2023 年 2 月舉行,主題為“石垣島的水共生”,旨在創造一個水環境、人類和島上的多樣化物種可持續共存的世界。實現這一目標的目的。
該研討會由科學研究資助金學術轉化資助金領域研究(A)贊助,「透過動態闡明水循環系統作為波動場來創造水共生。」它由國際農林漁業研究中心(俗稱Zircas)共同發起和實施。

石垣市農林水產商工部農業政策經濟課課長松川英樹在開幕致辭中表示,“水共生的主題是水的‘波動’”。水環境,由陸地圈、生物圈和人類圈的“相互作用”組成。」作為一個水循環系統,闡明了三個區域平衡的歷史變化和當前的動態,探索出路針對石垣島的實際情況,他表示:「我們希望透過水共生的系統來思考「我們共同關心島嶼的未來,包括對水資源短缺、森林砍伐以及乾旱和旅遊業發展對鳥類和動物造成的損害的擔憂。」我希望情況會如此,」他說。

此後,荒谷國夫先生(九州大學比較社會文化研究學院)作為水共生的代表提出了水共生計畫。需要平衡地利用它,但如果這種平衡被破壞,就會變成水共生。一場危機。沖繩島面積不到日本國土面積的1%,但生物多樣性極佳,昆蟲種類數量佔琉球群島的25%,佔日本全國的25%。儘管新物種仍在不斷發現,但瀕臨滅絕的水生昆蟲物種數量在2007年至2014年間翻了一番,並且正在快速變化。我們如何創造他在這方面談到了水共生的重要性。

隨後,菅博信發表了《珊瑚礁自然與度假村開發-對名倉灣的思考》和島田奈穗子的《試著互相學習沖繩群島水環境知識-東帝汶的現狀與挑戰》、《大澤一俊的《陸地與海洋的連結》和安西俊彥的《Nekken的未來舉措-建立平衡農業發展和環境保護的資源循環系統》,各長約15分鐘。講座時間約一小時。

最後,與會者介紹了研討會之前舉辦的由20位專家和高中生共同舉辦的“水共生未來情景研討會”,並表示這是為高中生提供的有意義的時光。

<記者個人觀點>
關於水共生,即使用漢字寫,是「水共生」還是「水共生」?還有,難道只有記者不明白「與水共存」的概念是否可以被普遍理解嗎?
高中生的工作室雖然用「圖形設施」這樣的橫字來說明,但意思卻不明確。第一次看到它的人能理解一個組織良好、說得很快、時間緊迫的話題嗎?可惜沒有時間,也沒有提問,類似限時發表會成為熱門話題。一場能讓你預測可能出現的問題類型的講座將證明你已經創建了一個深思熟慮的演講。
作為一名記者,菅義偉先生宣布大毛登山系統與名倉灣的連接,創造了動態的水循環並保持了豐富的生物群,非常令人感動。
重要的是要在更多方面具體地展示這組自然條件,並具體討論應該保護的自然應該如何維護以及它如何變得危險,應該維持現狀。
如果石垣市認真對待島上旅遊業過度開發的問題,它首先會停止急於將土地排除在農業激勵措施之外的做法,並監測山脈的狀況以維持其保水能力。我希望你這樣做。

我希望Nekken創建一個機構來研究和出版亞熱帶植物區係不同於溫帶的特殊特徵。
儘管《Nekken》支持發展中國家,但它所依賴的整體視角過於強調生產效率和經濟活動。永續發展只能依靠發展中國家獨特的氣候和文化來實現。
隨著年齡的增長,我傾向於認為公司最關心的是效率和利潤。

我們如何提高對環境的考慮,創造對自然友善的永續發展?下一個世界應該是國土交通省在沒有環境部批准的情況下無法開發任何東西的時代,但遺憾的是我們還很遙遠。
現在智人已經達到了冒險進入太空的程度,問題是追求土地利益還是為人類在陸地上尋找最好的環境。除非我們等待思想的改變,否則和平不會到來。
我們應該把它留給下一代嗎?
(長杉一之)

返回網誌
  • 炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    全国・海外にあわせて140店舗を持つフランチャイズ店、宇奈とと。提供している鰻は中国の自社工場で品質管理が行われている。鰻を焼くのは、東京・上野の鰻屋で職人をしていた大塚さん。注文が入ってから炭火で焼き上げる。

    炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    全国・海外にあわせて140店舗を持つフランチャイズ店、宇奈とと。提供している鰻は中国の自社工場で品質管理が行われている。鰻を焼くのは、東京・上野の鰻屋で職人をしていた大塚さん。注文が入ってから炭火で焼き上げる。

  • 香りひろがる。記憶よみがえる。

    香りひろがる。記憶よみがえる。

    首里の当蔵に本店を構える首里石鹸は、沖縄らしさを追求したスキンケアブランド。展開する商品には沖縄の植物由来の美容成分を使用し、素材や香り、デザインにこだわって開発。一押し商品は、沖縄の海底泥(クチャ)を使用した琉球のホワイトマリンクレイ洗顔石鹸。

    香りひろがる。記憶よみがえる。

    首里の当蔵に本店を構える首里石鹸は、沖縄らしさを追求したスキンケアブランド。展開する商品には沖縄の植物由来の美容成分を使用し、素材や香り、デザインにこだわって開発。一押し商品は、沖縄の海底泥(クチャ)を使用した琉球のホワイトマリンクレイ洗顔石鹸。

  • 石垣島でタイ家庭の味を

    石垣島でタイ家庭の味を

    タイの大衆食堂のようなシンプルな内装の店内に足を踏み入れると、スパイスの香りが漂い、まるでタイに来たかのよう! シェフのパブアさんとパノイさんが作るのは、タイの人々に愛されているローカルなタイ料理。

    石垣島でタイ家庭の味を

    タイの大衆食堂のようなシンプルな内装の店内に足を踏み入れると、スパイスの香りが漂い、まるでタイに来たかのよう! シェフのパブアさんとパノイさんが作るのは、タイの人々に愛されているローカルなタイ料理。

  • 竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。ドッグランはトラブル防止のため1組ずつ貸切で営業している。お友達とご利用の場合は、2割引で利用可。もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。

    竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。ドッグランはトラブル防止のため1組ずつ貸切で営業している。お友達とご利用の場合は、2割引で利用可。もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。

1 / 4