商品情報にスキップ
1 1

南山舎株式会社

アガリヨイ

アガリヨイ

通常価格 ¥2,970 JPY
通常価格 セール価格 ¥2,970 JPY
セール 売り切れ
税込

送料:¥370

市井の人の暮らしこそ 文化の息吹が満ち充ちている
個人の記憶を地域と時代の証言に

シリーズ「島の記憶」は、八重山の文化や島びとの貴重な営みを「聞き書き」という手法で記し、個人の記憶の集積によって、時代そのものを重層的に浮かび上がらせ、地域の知られざる歴史が記録に残ることを願って刊行するものです。

第1弾として刊行された崎(崎は旧漢字)山氏は、昭和7年に竹富島に生まれ幼少年期を過ごし、終戦後は石垣島の鉄工所で奉公生活を送ります。このときの無報酬で人に仕えた日々を子や孫に伝えたいという想いが自分史を作ることの動機となりました。本書では、奉公時代の記憶のみならず、戦前の竹富島の営みについても映像をみるかのように詳細に語られ、昭和初期の島人の文化を知る上でも貴重な記録となりました。

聞き書き/安本千夏
発行/南山舎 2020年6月
本仕様/A5判 上製本 236ページ

詳細を表示する