略過產品資訊
1 / 1

南山舎株式会社

絵が語る八重山の戦争【再版】

絵が語る八重山の戦争【再版】

定價 ¥2,530 JPY
定價 售價 ¥2,530 JPY
特價 售罄
內含稅金。

送料:¥370

再び愚かな歴史を繰り返さぬために

戦後75年の節目となる2020年、南山舎では潮平正道著「絵が語る八重山の戦争」を発刊いたしました。
少年の頃、石垣島で先の大戦を経験した潮平正道氏は、将来を担う子供たちには二度と戦争など経験させるべきではないという強い思いをもって、これまで戦争の語り部としての活動をなさってきました。
しかし、語りだけではなかなか現代の子供たちに伝わりにくいため、記憶の情景を絵に描き、発表することにしたのです。

「沖縄戦」というと地上戦があった沖縄本島のことが主に取り上げられますが、八重山では「戦争マラリア」で罪もない住民が何千人も亡くなるという、他地域には見られない戦禍、惨状もありました。
本書は、写真などの記録がほとんどない戦時下の八重山の状況が、絵に描くことにより視覚化され、歴史を語り伝えていく上でとても貴重な資料の一つとなっています。
ぜひ多くの方々に本書を手にしていただき、戦争の記憶を風化させない、二度と同じ過ちを繰り返さないためにご活用いただきたいと思います。

 沖縄では、沖縄戦が終結した6月になると、県内の各学校で平和学習が授業として設けられます。
その平和学習で戦争体験を子どもたちに話してほしいと、最初に依頼されたのは、今年51歳の息子、が中学生のときでした。あれから毎年のように、小・中・高校に呼ばれ、体験を語ってきました。
語るうちに、言葉だけでは戦争の実像を伝えることが難しいと感じ、体験したことを絵にして説明するようになりました。掲載した59枚の絵と説明は、正確さに欠けるところもあるかと思いますが、私の記憶をできる限りたどって作成したものです。
75年前に八重山でこんな戦争が実際にあったことを、どうしても伝えておきたいという思いからです。

著者「あとがき」より 

著者/潮平正道
判型/B5判横 モノクロ162頁
発行/南山舎(2023年6月)

查看完整資訊