ぴーふった? くそふかした?

#くそふかす  #ぴーふる  #クソマリタイ  #フカシュン  #フサヌ  #フシダ  #フシッテ  #フスナ  #フスン  #ヤイマムニ  #八重山方言  #八重山方言帳  TEXT & ILLUSTRATION 大竹芳典

 思い浮かべてください。誰かと二人きり。車でドライブ中。窓も閉め切られているとします。そんな中、うんこの匂いがしたら、あなたはこう思うはずです。

「こいつ、ぴーふったな?」と…。

 この状況ならまだマシです。それが三人以上でのドライブであったなら、最悪です。私の場合は「どうしよう、俺ぴーふってないけど、俺がふったと思われたら嫌だな…」と困ってしまいます。

 大抵、そういう状況の時、人は気づかないフリをするか、自らその事に触れこういうでしょう。「誰かぴーふってん!? 臭いけど!」と。

「ぴー(屁)」が、全国共通語ではないということには多くの人が気づいているでしょう。しかし、実は「ふる(こく)」も共通語でないばかりか、沖縄本島でも通じない八重山特有の方言です。

「ぴー」は共通語では「屁・おなら」に当たりますよね。ウチナーグチでは「フィー」や「ヒー」と言います。また、「ふる」は音だけでみると共通語の「振る」や「降る」と同じ形ですがこれらの「ふる」には、おならを「出す」という意味はありません。

「ピー」はヤイマムニの形がそのまま現代も使用されている例ですが、「ふる」はヤイマムニの「フスン」(活用は「フスン(ふる)・フシダ(ふった)・フサヌ(ふらない)・フシッテ(ふって)・フスナ(ふるな)」が共通語の動詞の活用(四段活用)の形に変化したヤイマヤマトムニだと考えられます。

 同じように、「漏らす」の意味での「ふかす」(例文:くそをふかす)もヤイマムニの「フカシュン(漏らす)」が共通語の動詞の活用と接触し変化した形でしょう。

 私たちが日頃話している言葉にも、八重山で過ごしてきた先人たちの言葉が残っていると考えると面白いですよね。

 

PROFILE

八重山方言帳 大竹芳典

大竹芳典

おおたけ・よしのり/1995年、石垣市生まれ。八重山高等学校を卒業し、石垣島イーグル観光にて就職。八重山のガイドを通して島人の宝に気づく。その後、沖縄国際大学にて琉球文化を学びながら、国語の教員免許を取得。現在は本島北部にて教員として活躍中。

返回網誌
  • 炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    全国・海外にあわせて140店舗を持つフランチャイズ店、宇奈とと。提供している鰻は中国の自社工場で品質管理が行われている。鰻を焼くのは、東京・上野の鰻屋で職人をしていた大塚さん。注文が入ってから炭火で焼き上げる。

    炭火焼き鰻をリーズナブルな価格で

    全国・海外にあわせて140店舗を持つフランチャイズ店、宇奈とと。提供している鰻は中国の自社工場で品質管理が行われている。鰻を焼くのは、東京・上野の鰻屋で職人をしていた大塚さん。注文が入ってから炭火で焼き上げる。

  • 香りひろがる。記憶よみがえる。

    香りひろがる。記憶よみがえる。

    首里の当蔵に本店を構える首里石鹸は、沖縄らしさを追求したスキンケアブランド。展開する商品には沖縄の植物由来の美容成分を使用し、素材や香り、デザインにこだわって開発。一押し商品は、沖縄の海底泥(クチャ)を使用した琉球のホワイトマリンクレイ洗顔石鹸。

    香りひろがる。記憶よみがえる。

    首里の当蔵に本店を構える首里石鹸は、沖縄らしさを追求したスキンケアブランド。展開する商品には沖縄の植物由来の美容成分を使用し、素材や香り、デザインにこだわって開発。一押し商品は、沖縄の海底泥(クチャ)を使用した琉球のホワイトマリンクレイ洗顔石鹸。

  • 石垣島でタイ家庭の味を

    石垣島でタイ家庭の味を

    タイの大衆食堂のようなシンプルな内装の店内に足を踏み入れると、スパイスの香りが漂い、まるでタイに来たかのよう! シェフのパブアさんとパノイさんが作るのは、タイの人々に愛されているローカルなタイ料理。

    石垣島でタイ家庭の味を

    タイの大衆食堂のようなシンプルな内装の店内に足を踏み入れると、スパイスの香りが漂い、まるでタイに来たかのよう! シェフのパブアさんとパノイさんが作るのは、タイの人々に愛されているローカルなタイ料理。

  • 竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。ドッグランはトラブル防止のため1組ずつ貸切で営業している。お友達とご利用の場合は、2割引で利用可。もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。

    竹富島を見晴らせる自然豊かなドッグラン

    もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。ドッグランはトラブル防止のため1組ずつ貸切で営業している。お友達とご利用の場合は、2割引で利用可。もともとは愛犬のために作ったドッグランを、多くの方に利用してほしいと営業を開始。

1 / 4