ここのコレが、んまさーっ!

こだわりソースのタコライス

UNAMANOオーナーの髙杉奈緒美さんが紹介するのは、Green Flash Cafeのタコライス 

もっと見る

2024年4月1日発売号 特集

若夏会の平飼い卵

30年以上前から、平飼いで鶏を育てている若夏会。
鶏舎で作業するのは、若夏会に通う利用者のみなさん。

生き物の命をいただくということ。
そこで大切にしないといけないのは、心を寄り添う気持ち。

安心して、生き生きと暮らせる環境をつくる。
それを社会的使命とする、若夏会の取り組み。

もっと見る

2024年3月号特集

パンがすき。

パン屋がどこも個性的なのはなぜだろう。
訪ねてみたら、パンは作る人そのものでした。

あなたもきっと好きになる、やいまのパン特集。

もっと見る

ここのコレが、んまさーっ!

石垣島のおにぎり屋 niginigi

リレーのバトンを受けた赤松実穂さんが紹介するのは、石垣島のおにぎり屋さん『niginigi(ニギニギ)』 

もっと見る

2024年1/2月号特集

やーぬまーる座談会 ―おもと部落のはなし―

2024年1/2月号特集は於茂登の話。おもと部落の未来について、たっぷりお話いただきました。

もっと見る

ここのコレが、んまさーっ!

PIZZERIA IL TRECORDE

リレーのバトンを受けた浜岡亜由美さんが紹介するのは、『PIZZERIA IL TRECORDE / ピッツェリア イル トレコルデ』
 

もっと見る

2023年12月号特集

屋良部御嶽と
廖見福

緑、青、夕暮れの赤。屋良部半島を訪れると、息を飲むような光景に遭遇することがある。大崎には、この風景にアクセントを与えるかのように一基の記念碑が建っている。

もっと見る

SHOP

石垣島の古着屋

US古着が1000点以上。島の若者に古着文化を知ってほしいと、金城圭哉さんが受け継いだユーグレナモールの隠れた2Fにある古着屋・ファルコニ屋です。

もっと見る

New Open

新しいお店

気軽に立ち寄れる、アットホームな洋食ビストロ
2024/03/15
Bistro 木影

気軽に立ち寄れる、アットホームな洋食ビストロ

フランス料理をベースとした洋食料理を提供するビストロ。店主は元ホテルシェフの影山憲男さん。丁寧に作られたホテルクオリティの料理をリーズナブルに楽しめる。記念日や誕生日、お祝いの日はもちろん、家族での夕食など気軽に利用してみては。

機械・電気・通信設備の多くの困ったを解決!
2024/02/16
(株)エアテクノサービス

機械・電気・通信設備の多くの困ったを解決!

八重山地方全域を対象エリアに、ホテルや商業施設から一般の住宅まで、設備工事、空調機の販売、施工、保守メンテナンスのほか、家電製品に関する修理業務などを行っている。高い技術力とチームワークで、機械・電気・通信設備にまつわる多くの困った問題を解決し、安心安全な生活空間をサポート。

車に関することなら、何でも気軽にご相談を
2024/02/16
サザンオート

車に関することなら、何でも気軽にご相談を

運輸事務所より磯辺方面へ車で1、2分。スズキ、ダイハツ新車販売代理店&運輸局認証の自動車整備工場。軽自動車から大型特殊車両まで、修理・整備・点検・車検・鈑金塗装・各種保険など幅広くサポート。生活必需品とも言える車を安全かつ快適に乗り続けられるよう、高度な技術力と豊富なノウハウを駆使し、新身になって対応してくれる。いざという時に頼りになるサザンオートで、より安全なカーライフを実現しよう。新車の購入から、車の維持に関することまで、何でも気軽にご相談を。

日本最南端のホットなZUMBA教室
2024/02/16
ZUMBar Hanapepe

日本最南端のホットなZUMBA教室

新栄町、市役所通りのオレンジ色の看板が目印。生まれた時から音楽とダンスが大好きなインストラクターYukaさんの指導を受けながらパーティ気分で楽しく運動しましょ! 誰でも自分のペースで気軽にダンスを楽しもう。スペイン語で「お祭り騒ぎ」を意味するZUMBA(ズンバ)はラテン系のリズムに合わせて楽しく身体を動かしていくエクササイズ。週2回はDISCO WORLDを開催。懐かしい曲であの頃にタイムスリップ♪ 石垣島在住者は初回体験見学無料。老若男女問わず、ダンスを通して心身共に健康を手に入れよう。

石垣島の大自然で極上のととのい体験を!
2024/02/16
Cafe&Bar Sazanami

石垣島の大自然で極上のととのい体験を!

市街地から車で約10分、石垣の塩ソルトビレッジの敷地内にオープン。入口を進むとジャングルを探検しているようなわくわく感。注目すべきは、南国ムード満点のソルトスパと2種類のアウトドアサウナ。木のぬくもりで癒されるバレルサウナと、インデアンティピスタイルのテントサウナでたっぷり汗をかいた後は、直結のビーチでサンセットを見ながらのんびりなんてことも◎。プールサイドにはキッチン&バーを併設(予約制でBBQも可)。結婚式の二次会や貸し切りパーティも受付中!

美味しいお肉を食べてエネルギーをチャージしよう!
2023/11/29
石垣焼肉参番地

美味しいお肉を食べてエネルギーをチャージしよう!

730交差点から徒歩3分。八重山郵便局を渡ってすぐのところに、石垣牛&自家農場直送の黒毛和牛が楽しめる焼肉屋がオープン。看板メニューは2尺5寸盛り(75㎝)の器にのせた石垣牛&自家製黒毛和牛の食べ比べ。各セット2人前6点盛りをリーズナブルに提供している。キムチ、ナムル、サラダ、牛骨でだしをとった本格的なスープなど、サイドメニューも充実。店内は広々としたテーブル配置で、落ち着いてゆったりとした時間を過ごせる。毎月29日(肉の日)はお得なキャンペーンも開催。詳細はSNSにて発信!

お客様をお菓子まみれに、贈答品やちょっとしたお土産にも
2023/11/29
Patisserie Farinez'vous

お客様をお菓子まみれに、贈答品やちょっとしたお土産にも

八重山警察署近く、産業道路沿いにフランス菓子のお店がオープン。店名のfarinez'vousとはフランス語で「小麦粉にまみれろ」という意味。お菓子作りの骨組みになる小麦にこだわり、フランス菓子を中心にさまざまなアイテムを販売している。厨房が見えるようにデザインされた店内は、製造の様子をリアルに感じられるアットホームな雰囲気。ショーウィンドウに並べられた色とりどりなケーキは見ているだけで幸せな気分に。贈答品やちょっとしたお土産、おやつにもぴったりな焼き菓子も充実している。

US古着が1000点以上。ユーグレナモールの隠れた古着屋
2023/10/31
ファルコニ屋

US古着が1000点以上。ユーグレナモールの隠れた古着屋

いつもの風景のように、観光客の賑わいが戻ったユーグレナモール。お土産品が並ぶ店舗が連なる中、石垣島共同売店のすぐ横に、2階へと上がる階段がある。島の小学校を思い出すようなコンクリートの階段を登ると、これまた懐かしさを感じる古着屋への入口へと続く。1階にある"オシャレ"なお土産屋と、"懐かしい"古着屋とのギャップがおもしろい。

YAIMA PHOTO STORAGE

\最新号/

2023年12月1日発売

松田良孝

屋良部御嶽と廖見福

緑、青、夕暮れの赤。屋良部半島を訪れると、息を飲むような光景に遭遇することがある。

大崎には、この風景にアクセントを与えるかのように一基の記念碑が建っている。表には「屋良部村御嶽」、裏面には「屋良部崎開拓記念」とそれぞれ刻銘され、「1963年3月」という建立時期とともに二人の台湾人の名前も読み取れる。辺りには拝所や御嶽を思わせる建物は見えない。屋良部村御嶽とはいったいなんなのか。

Tokusyu_010_屋良部村御嶽の碑(メインビジュアル)_3000.jpg__PID:f8ea243a-4787-4fa8-b678-a60f380102a9

〜道を開いた移民たち〜

がこの碑を初めて見たのは2004年2月のことである。私はそのころ、台湾出身の芳沢佳代さん(1936年生)のところへしょっちゅう話を聞きにいっていて、このときは芳沢さんが運転する軽自動車の助手席に乗り、この碑を見にいったのである。なぜそうなったのか、いきさつは忘れてしまった。この碑を、私はいずれ日を改めて再訪してみるつもりでいたが、芳沢さんは2018年に亡くなり、案内を請うべき人を失ってしまった。

今年3月25日、石垣島に住む台湾出身の知人から思いがけないメッセージが届き、この碑のことを知る人にコンタクトできることになった。台湾出身2世のアレン張富美さん(72)である。富美さんの父、張反(1920年生)は、碑の建立者として廖見福とともにその名が刻まれている人物で、芳沢さんの兄に当たる。忘れかけていた碑の記憶がよみがえり、私は居ても立ってもいられなくなった。

続きは本誌にて

No.351 月刊やいま2023年12月号
No.351 月刊やいま2023年12月号

No.351 月刊やいま2023年12月号

¥495

屋良部御嶽と廖見福 〜道を開いた移民たち〜

緑、青、夕暮れの赤。屋良部半島を訪れると、息を飲むような光景に遭遇することがある。大崎には、この風景にアクセントを与えるかのように一基の記念碑が建っている。表には「屋良部村御嶽」、裏面には「屋良部崎開拓記念」とそれぞれ刻銘され、「1963年3月」という建立時期とともに二人の台湾人の名前も読み取れる。

辺りには拝所や御嶽を思わせる建物は見えない。屋良部村御嶽とはいったいなんなのか。御嶽の「しるし」を残した人が、移民である台湾人というのだから、何か事情がありそうだ。

当時のことを知る人たちの力を借りながら疑問を解きほぐしていくと、「パイン王」の称号を冠せられた台湾出身の廖見福(1913〜1967、日本統治期の台中州北斗郡出身)と、かつては足を踏み入れることさえ困難だったこの地に果敢に鍬を入れた人たちの姿が見えてきた。

これからお読みいただくのは、それぞれのフェーズに応じて移民してきた人たちが大崎周辺の屋良部半島に積み重ねてきた物語である。

特集・松田良孝

お詫びと訂正:2023年12月号の表紙タイトルに付きまして誤りがございました。「御願」の表記は正しくは「御嶽」です。ここに深くお詫び申し上げ、訂正いたします。

もっと見る

Regulars

新しい記事

Regulars

読みもの

最近、気になっていること!ベスト3

仲本威生さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

島内慈温さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

新城安力さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

平得帝統さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

平得帝統さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

平得帝統さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

平得帝統さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

平得帝統さん

1. パパの仕事のこと
2.ベイブレードX
3.明日のめざましじゃんけん

定期購読のご案内

月刊やいまを定期購読しませんか。
毎月ご自宅にお届けします!